女子力UP向上委員会

美容・健康・ファッションなど女子力アップの情報を発信します。

「眉丘筋」は眉メイクの基本! 表情にあわせた描き方レッスン


   

「眉丘筋」は眉メイクの基本! 表情にあわせた描き方レッスン

メイクのポイントの中で最もイメージが変わるパーツのひとつである眉。同時にメイクで一番眉が苦手という人がとても多く、難しいメイクパーツでもあります。
ではなぜ眉で印象が変わるのか、その理由はご存知ですか? 眉や目は表情の変化にあわせて筋肉が動きやすいところだからです。逆にポーカーフェイスの人はこの部分の動きが少ない場合が多いです。
つまり、表情の変化にあわせて動く位置に眉を描く。それができると、表情豊かで朗らかなイメージになれるのです。

表情筋のなかでも絶対に抑えたい「眉丘筋」

とはいえ、トレンドや好みでストレートな眉が好きな人もいれば、少し下がった眉が好きな人もいます。なりたい眉と表情筋に沿って描く眉が、必ずしも一緒だとは限りません。
ただ眉の中、もしくは近くにある眉丘筋の位置を知ることで、表情を意識した眉を書くことができるのです! その大切な眉丘筋の場所はこちら。

鏡を見て、思いっきりびっくりした表情をしてみてください。眉が上がった際に眉山付近で凹む筋肉があります。ここが眉丘筋です。ここを眉山に設定していきます。

表情筋にあわせた眉の描き方

印をつけた眉山から眉尻に向かって上のラインを描いていきます。骨のくぼみに平行に眉尻へ向かってラインを伸ばしていきます。

続いて下のライン。眉頭の下と眉尻を一直線でつなぐイメージで描くと自然なラインになります。普段の眉のアーチがきつすぎる人やまぶたが腫れぼったくて悩んでいる人は、ここを足すことで目が大きく見える効果もありですよ!

眉頭の下の始まりから、眉山にかけて緩いカーブを描くように繋げていきます。

最後に中を塗ってアウトラインをぼかせば完成です。

今回紹介した描き方は表情筋にあわせた描き方ですが、まずは顔の動きを知ることで、描きたい理想の眉が描きやすくなります。
例えば、眉山の筋肉がとても上にある人は、その位置から垂直に下ろした位置を眉山に設定すると左右対象に描ける目印になります。また、左右の筋肉の発達が異なる場合は(日本人は右側の筋肉が発達していることが多く、顔も同様です)びっくりした時の眉丘筋の左右の高さの違いをヒントに描いてもいいと思います。

眉の形のバリエーションを持つことは、コスメ10個を新調するのと同様の価値があると思います。シーン別での眉の作り方や、眉の色選びで肌の見え方も変わります、これはまたお伝えしていけたらと思います。今回の眉の描き方を覚えると他の眉に変える基本になるので、ぜひ試してみてくださいね。

 - 女子力UPトレンドニュース

PAGE TOP
×