女子力UP向上委員会

美容・健康・ファッションなど女子力アップの情報を発信します。

崩れたファンデも元どおり! 手間なし&美肌「メイク直し術」の決定版!!


   

崩れたファンデも元どおり! 手間なし&美肌「メイク直し術」の決定版!!

朝念入りに塗ったファンデも、昼頃になるとテカりやヨレなど、ちょっと崩れが気になるという人は多いはず。そんなとき、みなさんはどのようにメイクをお直ししていますか? 崩れたメイクの上からただ単にファンデを塗り重ねてる……なんてことはありませんか? 間違ったメイク直しは顔色をよりくすませ、汚く見える原因に。今回は朝のキレイなベースメイクを蘇らせる、とっておきのメイク直し術をご紹介します。

こんなメイク直しはNG!

よくメイク直しでやりがちなのが、崩れたメイクの上に直接ファンデやフェイスパウダーを塗り重ねてしまうこと。ヨレたり、くすんだり、テカったりした肌の上にこれらを重ねてしまうと、仕上がりも汚いうえ、厚塗り感が出たり、肌色がよりくすんで見えたりと悪循環にハマってしまうのです。

How to メイク直し

【その1】崩れた部分を乳液で拭き取って塗り直す

まず1つ目の方法は、崩れが気になる部分を拭き取ってしまうという方法。クレンジングですべて落とすのが一番手っ取り早いですが、限られた時間の中で0からメイクをやり直すのはちょっと難しいですよね。そこで大活躍するのが乳液。乳液には油分が含まれているため、崩れている部分に塗布することで、ファンデを浮き上がらせてキレイにオフすることができるのです。しかも、乳液の保湿効果で肌はしっとりぷるぷるに。この状態からベースメイクを始めると、朝のツヤ肌が蘇りますよ。ちょっと前までは、ミスト化粧水を使ったメイク直しがメジャーでしたが、乳液と比べて油分が少なく、メイクをオフする力も保湿力も低め。これからはメイク直し=乳液の時代です!

【その2】コンシーラーの部分使いでくすみ飛ばし

目元のクマや口元のくすみなどは、ファンデーションではカバーしきれないこともありますよね。そんなときは、ハイライト効果のある筆ペンタイプのコンシーラーがおすすめです。カバー力重視のコンシーラーと比べて厚塗り感が出ず、肌のくすみを飛ばして透明感のある仕上がりに。仕上げにピンクやパール系のルースパウダーをはたくと、くすんだ顔色がパッと明るくなります。

【その3】チーク&リップを塗り直して血色をプラス

ファンデがくすんでグレーっぽい肌になってしまったときは、チークと口紅を塗り直すだけでもお疲れ顔を回避することができます。お色は赤やピンクなど、血色感のある色がベター。オレンジやベージュなど、黄味の強いカラーを使ってしまうと、くすみがより強く出てしまうのでご注意を。最近はチーク&リップ兼用のものが多いので、1つポーチに入れておくと重宝するはず。

メイク直しは手早くキレイに

時間がない中でもササっと美しくお直しができれば、夜の合コンや女子会もより楽しめること間違いなし。常に疲れ知らずのお肌をキープし、仕事も恋も本領発揮しちゃいましょう!

 - 女子力UPトレンドニュース

PAGE TOP
×