女子力UP向上委員会

美容・健康・ファッションなど女子力アップの情報を発信します。

米麹できめ細かい肌になれる


   


発酵糸状菌の中でも麹菌は「酵素の宝庫」といわれるように多種類の酵素を生産し、麹菌酵素のなかには、現在知られている酵素のほとんどの種類が含まれていると推測されている

甘酒はコウジ酸だけでなく、アミノ酸やビタミンB2群

キメ細かい綺麗な肌を作り、維持するために必要な成分も多く含まれています

甘酒は疲労回復や美につながる効果がいっぱいな飲み物なのです。

美白効果があって、肌に弾力が出てき肌がもちもちになるそうです。

酒かすから作られた甘酒には甘みを増すために大量の砂糖を加えているので、
ダイエットには向かないみたいです。

米麹で作られた甘酒は米と麹を発酵させて作り、
発酵の段階で自然の甘さが出ますので、砂糖は不使用で、
もちろんノンアルコール

麹に含まれる消化酵素は、タンパク質やでんぷんを分解してアミノ酸や糖を生成します。アミノ酸や糖は消化吸収を促してくれるだけでなく、肌・皮膚を作るのを助けるため、美肌効果も得られます

コウジ酸はしみとかの原因である、
メラニン色素を作り出す、
メラノサイトの働きを抑制する効果があります

乾燥米麹・・・25g
60度のお湯・・200cc
清潔なガーゼ、または布巾

1.乾燥米麹をほぐして湯を入れたら3時間置く
2、ガーゼや布巾でこして完成です

コウジ酸は以前、動物実験により、
発がん性物質があるのではないのか?
と示唆されましたが、
2005年に安全性に問題が無いことが
証明されました。

麹菌の過剰摂取によりカンジダ菌が増える

カンジダ菌は砂糖などの甘いものを好みます。そして酵母や、麹菌、キノコ類もカンジダ菌を増やすのです。

 - 女子力UPトレンドニュース

PAGE TOP
×