女子力UP向上委員会

美容・健康・ファッションなど女子力アップの情報を発信します。

ヤバイ!足クサ女子がTwitterで急増中!?ブラシ・足用石鹸でフットケアも☆


   


足がクサいのは、香水やスプレーだけではその場でごまかすことしかできません。
毎日お風呂に入ってきちんと足を洗って、靴下も毎日変えているのになんでニオウの…?
今はニオイが気にならない人でも、きちんと原因を知って予防と対策をしていくことが大切です!!

「足不幸」女子必見おもしろTwitter!!

このTwitterは「集まれ足不幸自慢!」という題材で、たくさんの人のリアルな足のニオイでの失敗談が投稿されています。

これが共感できるものばかりで、本当に笑っちゃうもエピソードが満載!!

必見です☆

彼氏との初デート。ドライブ中に「靴脱いで楽にしていいよ」と言われ、靴を脱いだらさりげなーく窓を開けられた・・・。付き合って5年になる今では、靴脱ぎを禁止されています(アツコ)#足不幸

義母の前で4歳の息子に「ままのあしくさーい!しょうみきげんきれてますよー!」と満面の笑みで言われてしまいました(みっち)#足不幸

足の健康美容研究家☆山道いずみ先生が語る足クサ対策

自身の足のトラブルからフットケアの必要性を感じ、ドイツ留学を経て銀座に「フット専門店ロワ」をオープンし、確かな技術で注目を集めています。

10万人以上の足の悩みを解決してきたという山道先生の「足トラブル」のヒミツを一部紹介します!!

顔や身体にはある、皮脂を出して乾燥から守る「皮脂線」が足の裏にはないため、乾燥してカサカサしたりひび割れをしてしまったりするのです。

脂腺がないのに足の裏がべたつくのは、足裏には汗腺がとても多いからなんです。

汗が出やすく、雑菌が繁殖してしまい臭いが発生してしまうのです。

足不幸女子必見グッズ♡

◆角質ケア

ニオイの原因は汗と雑菌ですが、汗は無臭です。

しかしなぜクサイ臭いがするのでしょうか?

それは汗が流れ出ることで古い角質が一緒に流れ落ちて雑菌が角質をエサにして分解して繁殖させます。

そして、悪臭を放つのです。

なので、「角質ケア」は本当に大切なんです!!

古い角質を取るには、角質ケア専用のものを使用しましょう。注意しなくてはならないのが、角質が硬くなっている部分を強くこすったりすると、皮膚に傷がつき炎症を起こしたり、もともと皮膚にいる常在菌が減ってしまうことで、ニオイの元である細菌が繁殖しやすくなり、よりニオイが強くなることがあります。肌のターンオーバーに合わせ、2週間から1か月に1回程度、角質を落としましょう。

◆角質・臭い取り足裏石鹸

フットメジは、付属のネットに本体(足裏石鹸)を入れて足の裏全体を洗います。

汚れだけでなく、厚くなった角質とそこから放つ嫌な臭いを除去してくれます。

ネットの他にフックとシールがついているので、保管しやすくシールで色分けして家族でも使えます。

最低でも2周間は続けて使うことで、効果が持続します。

フットメジの足裏石鹸は、フレッシュハーブからピーチなどたくさんの香りから選べるので、バスタイムも楽しめそうですね!

3種類の大きさの違うスクラブは、ニオイの原因となる不要な角質を、大きな角質から小さな角質まで、肌に負担をかけることなく落とします。同時に、その不要な角質を落としたあとの足裏をすこやかに保つために、ハーブが最適な比率で配合されています。

◆きちんと爪を切り垢をためない

爪をのばしたままでいると、爪の中にゴミや垢がたまってしまい、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうのです。

少し伸びたなと思ったら放置せず、爪をカットし整えましょう。

爪の垢は、専用のブラシや歯ブラシに石けんの泡を付けて、爪の間やまわりを撫でるようにブラッシングしましょう。

足のにおいの原因には、「爪」も関係しています。足の爪の間は、ホコリ、垢、古くなった角質などがたまりやすい部分です。また湿気も多いため、足の裏同様、爪の間も皮膚常在菌が繁殖しやすい環境と言えます。かかとの角質ケアと一緒に、爪のケアも行うことをおすすめします。

◆ツメブラシ

爪の垢をきれいに取り除いてくれる、爪専用ブラシです。

まず、毎日のバスタイムで足湯をします。

そこでブラシに石鹸をつけ、柔らかくなった指の爪をやさしくこすります。

ブラシを使うことで、爪の細かい部分の汚れまで落としてくれます。

爪ブラシがなくても、柔らかい歯ブラシでも代用できます。

日々のお手入れをはじめ、身だしなみを整える貝印の衛生用品「119」シリーズ。2種類のブラシで用途に合わせて使い分けできるツメブラシ。コシの強いナイロン毛で汚れを除去。風邪やウイルス予防の手洗い時に合わせて使うと衛生的です。

知らないと損!足臭の対策法

◆ナイロン製のストッキングは危険!

ストッキングは、働く女性にとって大定番のアイテム。

しかし、ストッキングはナイロン製のものが一般的で、繊維が細いこともあり汗を吸収しづらい素材です。

汗によって靴の中がムレ、一日中履きっぱなしのストッキングの中は、まさに雑菌だらけになり悪臭が漂ってしまうのです。

 - 女子力UPトレンドニュース

PAGE TOP
×